ヴィンテージ株式会社(旧商号:ライブドア不動産)


ヴィンテージ(株)(資本金1億500万円、港区西麻布2-24-11、登記面=千代田区飯田橋1-3-7、代表奥野喜彦氏)は、9月25日に東京地裁へ自己破産を申請し、10月3日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は野田聖子弁護士(中央区日本橋3-3-4、電話03-3273-1800)。債権届け出期間は11月7日までで、財産状況報告集会期日は2015年1月19日午前11時。

当社は、1977年(昭和52年)4月に創業、80年(昭和55年)7月に法人改組。独立系の中堅金融業者として事業をスタートさせ、不動産担保金融、不動産売買などを手がけていた。2005年には(株)ライブドアフィナンシャルホールディングスが株式の100%を取得し、ライブドアグループに入り、あわせて商号を(株)ライブドア不動産へ変更、2005年3月期には年収入高約23億1900万円を計上していた。

しかし、2006年にはライブドア事件が発覚。この影響で経営体制の見直しがなされるなか、同年8月には現商号へ変更していた。その後、2008年には当社株式は投資ファンドに譲渡され、同ファンド傘下で事業を続けていたが、2010年9月には資金調達面などで取引関係のあった日本振興銀行(株)が民事再生法の適用を申請。同社倒産の影響もあり、当社を取り巻く環境が急速に悪化し、ここ数年は実質的な活動を停止していた。

申請時の負債は約66億3000万円。


「出典:帝国データバンク」