株式会社日本フィナンシャル・ポート


(株)関西フィナンシャル・ポート(資本金5000万円、港区西麻布2-24-11、登記面=大阪府大阪市西区京町堀1-4-16、代表松平敏幸氏、設立2007年6月)、(株)日本フィナンシャル・ポート(資本金1000万円、同所、登記面=千代田区飯田橋1-3-7、代表藤原和男氏、設立2007年3月)、(株)ウィンテグレータ(資本金2億6000万円、同所、登記面=大阪府大阪市北区神山町1-3、代表藤原和男氏、設立2004年3月)、(株)セールスサポート・ファイナンス(資本金1000万円、同所、登記面=中央区日本橋小伝馬町10-1、代表奥野喜彦氏、設立2007年3月)、(株)店舗バンク(資本金1000万円、同所、登記面=千代田区飯田橋1-3-7、代表奥野喜彦氏、設立2007年6月)の5社は、5月28日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木雅芳弁護士(港区虎ノ門2-8-1、電話03-3597-8855)。債権届け出期間は7月2日までで、財産状況報告集会期日は9月1日午前11時。

5社は主に日本振興銀行の融資先で構成される「中小企業振興ネットワーク」に加盟する中小企業向けに金融事業などを展開していたが、日本振興銀行が2010年9月に民事再生法の適用を申請。事業継続が困難となり、今回の事態となった。

負債は(株)関西フィナンシャル・ポートが約86億8600万円、(株)日本フィナンシャル・ポートが約50億2100万円、(株)ウィンテグレータが約2億9400万円、(株)セールスサポート・ファイナンスが約17億3600万円、(株)店舗バンクが約5億6600万円で、5社合計で約163億300万円。


「出典:帝国データバンク」