株式会社ジャパンゼネラル


(株)ジャパンゼネラル(資本金1000万円、四日市市新正3-17-6、代表服部俊昭氏)は、11月22日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は、小林克典弁護士(千代田区麹町4-2-1、電話03-3234-2941)。債権届け出期間は12月20日までで、財産状況報告集会期日は2014年2月28日午後2時。

当社は、1992年(平成4年)7月に穀物卸業者の三瀧商事(株)(四日市市)の輸入部門を分離し設立。豚肉を中心とした冷凍・チルド品などの畜産物、米粉などの穀物類、エビ、タコをはじめとした水産物など幅広い食品の輸入を手がけ、食品メーカーや卸業者などを得意先として、2011年6月期は年売上高約90億5200万円を計上していた。

しかし、三瀧商事(株)の大規模なコメ産地偽装が明るみにでて社会問題化。当社もその偽装事件に関与していたことから対外信用が低下し、先行きの見通しが立たずに今年9月初めに弁護士に債務整理を一任、今回の措置となった。

負債は債権者約49名に対し約61億1451万円。


「出典:帝国データバンク」