株式会社みやこ土木


(株)みやこ土木(資本金4000万円、相楽郡精華町植田小字堂ヶ島77、代表松井利光氏)は、10月18日に京都地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は三野岳彦弁護士(京都市中京区河原町二条南西角 河原町二条ビル5階、京都総合法律事務所、電話075-256-2560)。財産状況報告集会期日は2014年1月15日午後3時30分。

当社は、1962年(昭和37年)10月創業、71年(昭和46年)2月法人改組。京都府精華町の当社砂利採取場より採取するほか、静岡県静岡市にも採取場を有し、砂利販売を行うほか土木工事も手がけ、2003年9月期の年売上高は約4億4700万円を計上していた。

しかし、2001年8月に営業権を関係会社である中日本総合開発(株)(企業コード:420217464、静岡県、砕石業)に売却、2004年9月期には土木工事も基本的に撤退。業況は悪化して2009年9月期の年売上高は約300万円にとどまっていた。以後の売上計上はなく、財務面は大幅債務超過となっていた。

そのようななか、2013年7月に資金繰りに行き詰まり、9月6日には中日本総合開発(株)が第三者破産を申し立てられ静岡地裁より破産手続き開始決定を受けたことから、当社の動向も注目されていた。

負債は約34億円。


「出典:帝国データバンク」