株式会社伯龍


(株)伯龍(資本金1000万円、さいたま市見沼区深作987、代表中村晃三氏)と(株)ジャパンレジャーアルファー(資本金3000万円、さいたま市浦和区木崎4-1-4、同代表)は、8月19日にさいたま地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は青山隆治弁護士(さいたま市南区南本町1-16-9、電話048-866-9708)。財産状況報告集会期日は10月22日午後1時30分。

(株)伯龍は、1952年(昭和27年)10月に設立。当初は割烹料理店経営、弁当仕出し業などを手がけていたが、87年4月に商号を(株)錦園から(株)龍車に変更し、同年6月に割烹料理店経営を廃業していた。89年1月には川口市柳崎に本店を建設し、同所に本店を移転。91年4月には大宮市(現・さいたま市見沼区)の温浴施設の不動産を購入し、グループ企業で温浴施設の経営にも参入。弁当仕出し業と不動産賃貸業などを主業とし、99年10月期には年収入高約11億7700万円を計上していた。

2000年10月頃には弁当仕出し業の大部分をグループ企業に移管し、グループ企業に対する不動産賃貸管理業およびコンサルティング業が主体となったことから年収入高が大きく減少。2003年12月期は年収入高約2億400万円(2000年に決算期変更)に落ち込み、大幅な赤字計上を余儀なくされていた。以降も収入に対して、本店建築および温浴施設取得に伴う借入金負担が重く、赤字体質が続き、財務内容は悪化の一途をたどっていた。2006年3月に商号を(株)龍車から(株)伯龍に変更。2008年以降、所有不動産を売却し金融債務の削減を進めていたが、支え切れず今回の措置となった。

(株)ジャパンレジャーアルファーは、パチンコホールの経営を手がけていた。

負債は(株)伯龍が債権者約17名に対し約21億1400万円、(株)ジャパンレジャーアルファーが債権者約16名に対し約21億2700万円で、2社合計約42億4100万円。


「出典:帝国データバンク」