ササ井鋼建株式会社


ササ井鋼建(株)(資本金4500万円、富山市針原中町342、代表堀川裕司氏ほか1名、従業員22名)と、関係会社の岩瀬工業(株)(資本金1500万円、滑川市北野新888、代表平正明氏、従業員35名)の2社は、6月28日に富山地裁に自己破産を申請した。

申請代理人は島谷武志弁護士(富山市西田地方町1-6-8、島谷法律事務所、電話076-422-8585)ほか1名。

ササ井鋼建(株)は1992年(平成4年)3月に設立された鋼材卸業者。鋼材を主力に、土木建設用の各種資材販売のほか、外注による鉄骨建築工事を行い、ピークとなった2006年2月期の年売上高は約64億7100万円を計上していた。

しかし、その後は景気後退で建築需要の落ち込みで売上高は漸減し、2012年2月期には約30億7100万円にまで減少していた。この間、主力販売先であった旧・岩瀬工業(株)(後に綾瀬商事(株)に商号変更、2009年12月に破産)に対する不良債権処理と、岩瀬工業(株)などの関係会社に対する支援が重荷となり、借入依存が高くなり資金繰りに余裕がなくなっていた。

2013年2月期の年売上高は約38億600万円まで回復していたものの、資金支援先からの回収が進まず、市況低迷や鋼材価格の上昇も重なるなか、事業継続を断念した。
岩瀬工業(株)は、旧・岩瀬工業(株)の鉄骨加工・工事部門を引き継ぐことを目的に2009年3月に設立。ササ井鋼建(株)の外注先として鉄骨加工を行ってきたものの、同社に連鎖する形となった。

負債はササ井鋼建(株)が約30億円、岩瀬工業(株)で約2億7000万円と見込まれる。


「出典:帝国データバンク」