株式会社聴涛館


(株)聴涛館(資本金4億5000万円、浜松市中区東伊場1-3-1、代表佐藤勲氏)は、3月18日に静岡地裁浜松支部へ会社更生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は、嶋寺基弁護士(東京都千代田区丸の内2-2-1、電話03-5224-5566)ほか6名。監督委員は、熊田俊博弁護士(浜松市中区鴨江2-32-3、電話053-452-4647)が選任されている。

当社は、1993年(平成5年)12月に(株)聴濤館(97年1月、破産、静岡県)の管理運営会社として設立。その後、同社の経営悪化に伴い96年12月に同社の債権、債務の一部を継承し、ホテル業に転換。大手ホテルグループとして、地元有力企業の共同出資のもと、浜松市内の老舗ホテル「グランドホテル浜松」(総客室数316室)を運営するようになった。同ホテルは、浜松市内の最大手の一つで、ホテルの運営のほか、直営レストランやスポーツジム、不動産賃貸を手がけ、2007年3月期には年収入高約40億9800万円を計上していた。

しかし、近年は景気低迷、またビジネスホテルなど競合ホテルの進出に伴い収入の減少を余儀なくされ、2011年3月期には年収入高約31億2500万円にまで減少。過去に引き継いだ債務負担に加え、設備投資資金の不足により自力での事業継続が困難となり、スポンサーの支援により再建を図ることとなった。

負債は債権者約360名に対し約58億円。

なお、当社の事業再建における経営、金融両面での支援については、本日付でホテルマネージメントインターナショナル(株)(東京都台東区)と契約を締結している。


「出典:帝国データバンク」