株式会社エナジーフロンティア


(株)エナジーフロンティア(資本金1億円、札幌市中央区南1条東2-8-2、代表清算人桶谷治弁護士ほか1名)は、10月16日開催の株主総会の決議により解散し、札幌地裁へ特別清算を申請し10月26日に特別清算開始決定を受けた。

申請人は桶谷治弁護士(札幌市中央区南1条西10-4-167、電話011-281-2226)ほか。

当社は、2000年(平成12年)11月に北海道電力(株)(札幌市)が産業用コージェネレーション利用の発電システム市場に参入する目的で他社との合弁により設立。電気および熱の供給事業を行い、顧客の事業形態に合わせた効率的なエネルギー供給の提案から設備設置やシステム作動状況の遠隔監視、燃料調達、メンテナンスまでをトータルに管理するシステムを運営。ホテルや医療機関など熱エネルギー需要の高い業界を中心に普及を図り、2012年3月期には年売上高約20億1600万円を計上していた。

しかし、近年の燃料価格の高騰、高止まりなど当社を取り巻く経営環境に厳しさが増し、オンサイト発電事業の継続が困難となったことから2007年9月に「A重油を燃料とするオンサイト発電事業」から撤退し、その他の事業については北海道電力(株)のグループ会社に承継することを公表、他社の所有する株式を同社が譲り受け、当社を100%出資子会社としていた。その後、北海道電力(株)が当社に対する債権放棄を決定したうえで今回の措置となった。

負債は約32億円。


「出典:帝国データバンク」