有限会社コンシス・ステーブル


(有)コンシス・ステーブル(資本金4000万円、甲賀市甲南町稗谷1970、代表元山勝一氏)は、8月23日に大津地裁へ自己破産を申請し、10月4日に破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は、木下徹郎弁護士(東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル5階、東京共同法律事務所、電話03-3341-3133)。破産管財人は、富塚浩之弁護士(大津市粟津町4-9 ステーションプラザ2階、石山法律事務所、電話077-533-0210)。財産状況報告集会期日は12月26日午前10時。

当社は、1992年(平成4年)5月設立の競走馬トレーニング施設の賃貸会社。当地に競走馬のトレーニング場を造成し、施設を賃貸していた。既往、地主に対する賃借料の支払負担などから厳しい資金繰りが続き、2006年には決済不履行となり行き詰まりを表面化した。

事業はその後も継続してきたが、多額の負債で先行きの見通しが立たなくなったことから今回の措置となった。

負債は債権者約2名に対し約33億円。


「出典:帝国データバンク」