株式会社イヨクニ


7月25日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入っていた(株)イヨクニ(資本金1億800万円、宮崎市清武町加納乙182-8、代表清家力松氏)は、8月9日に宮崎地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は、江藤利彦弁護士(宮崎市老松1-5-1-301、電話0985-20-9911)。

当社は、1973年(昭和48年)3月にリビング商品卸を目的に創業し、84年(昭和59年)12月に(有)伊予国の商号で法人改組。90年8月に(有)イヨクニへ商号変更し、92年2月に株式会社へ組織変更した。

湿度調整機能を備えた睡眠用のパットやケット類をはじめ、自動車座席に設置するアンダーシートなどの自動車向けの寝装品を、大型トラックや乗用車のディーラーのほか、農機具メーカーや建設重機メーカーなどの得意先に販売。磁気入りクッションなどリビング用品のほか、食品などの各種ギフト、ノベルティー商品の販売なども行い、2011年12月期は年売上高約483億3400万円、税引き後利益約13億1100万円を計上したと公表していた。

しかし、2011年6月には本店不動産が債権者から差し押さえられ、競売開始決定を受けるなど、信用不安が表面化。この間、一部金融機関からは元金返済猶予を受けるなどひっ迫した資金状況が続いていた。こうしたなか、6月28日、投資会社や金融機関から融資を受けるために虚偽の法人税確定申告書を提出したとして、偽造有印公文書行使の疑いで当社代表と経理部長が逮捕、起訴された。大幅な粉飾決算の疑いも持たれ、その後の動向が注目されていたが、今回の措置となった。

負債は約52億円。


「出典:帝国データバンク」