株式会社みさと産業


(株)みさと産業(資本金5000万円、札幌市西区発寒15条14-4-60、代表柴田 旭氏)は、5月31日付で事業を停止し、樋川恒一弁護士(札幌市中央区大通西10、電話011-271-8844)に事後処理を一任し、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1984年(昭和59年)5月にペットフード卸業者の札幌営業所を分離して設立。ホームセンターやスーパー、ディスカウントショップなどの量販店向けに犬や猫などのペットフードのほか、ペット用品、用具の販売を手がけていた。道内のみならず、東北、関東、中部、四国、九州地方へと順次支店や営業所、物流センターを開設して業容を拡大、2011年4月期には年売上高約119億6500万円を計上していた。またこの間、仕入れ窓口となる企業を同業者と設立するなど、仕入れコストの削減に努め、物流の効率化を図ってきた。

しかし、業容拡大に伴う借入負担が重荷となっていたうえ、競争の激化に伴い納入単価の低下傾向が続き、共同仕入れによる効果も思惑通りには上がらず、関係悪化から仕入れルートの変更を余儀なくされていた。また、主力得意先との取引も中止となり、事業規模の大幅な縮小を強いられ資金繰りは悪化、支えきれず今回の措置となった。

負債は2011年4月期時点で約50億円。


「出典:帝国データバンク」