柏崎シルバー精工株式会社


柏崎シルバー精工(株)(資本金1億円、柏崎市安田194-1、代表坂本清司氏)は、2月28日に新潟地裁長岡支部へ自己破産を申請した。

申請代理人は木下貴司弁護士(東京都千代田区麹町2-2-22、電話03-3221-7315)。

当社は、1969年(昭和44年)10月、元東証1部上場で各種プリンタなどの情報機器、ミシンなど編み機等製造のシルバー精工(株)(東京都、代表:嶋田彰氏)の全額出資子会社として設立され、88年3月期の年売上高は約54億9500万円を計上していた。

しかし、ミシンへの需要が減退し、環境機器の製造や樹脂成型事業などにも進出していたが、親会社の業績不振により減収が続き、2011年3月期の年売上高は約22億3300万円まで減少。収益面でも親会社を経由して受注するため低収益が続き、毎期欠損を余儀なくされ、大幅な債務超過に陥っていた。

運転資金を親会社に依存していたため、同社が2010年12月28日に銀行取引停止処分を受け、2011年1月に上場廃止となったことで当社の動向が注目されていた。2011年5月に新たな株主を迎え、同社との資本関係は解消されたが、同社からの多額な借入金は残ったままで、同年9月27日に同社が民事再生法の適用を申請し、同年12月27日には破産手続き開始決定を受け、同社に対する多額の債務を返済することが困難であることから、今回の措置となった。

なお、当社の事業は、2011年10月3日に会社分割によって新設された柏崎ユーエステック(株)に譲渡され、大半の債権債務及び従業員は同社が継承し、事業は継続されている。

負債は、約83億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」