株式会社静山(旧・ホテル龍登園)


(株)静山(資本金1000万円、佐賀市大和町梅野120、代表清算人宮原知司氏)と、(株)観水荘(資本金1000万円、佐賀市富士町上熊川118、同代表清算人)は、2011年12月26日に佐賀地裁より特別清算開始決定を受けた。

申請代理人は福島直也弁護士(鳥栖市元町1246-6保険第1ビル2階、電話0942-87-3167)。

(株)静山は、1961年(昭和36年)7月に旧・川上山荘の経営を継承して創業。66年(昭和41年)12月に(株)ホテル龍登園の商号で法人改組し、2011年6月に現商号に変更した。川上峡温泉でホテル「龍登園」を経営。客室78室(収容人数320名)や宴会場13室、大浴場などを備えた宿泊施設のほか、スライダープールも併設したプールなども設け、2000年11月期には年収入高約8億1600万円を計上していた。

しかし、修学旅行客の減少や景気低迷により観光客が減少し、2004年11月期の年収入高は約6億5000万円にダウンした。このため過去の設備投資についての借入負担が資金繰りを圧迫するなか、金融機関など債権者との調整を進めた。

自力再建の目途が立ったため、第2会社として(株)新大和観光(佐賀市)を設立して、2011年2月には会社分割により旅館事業を譲渡。当社については8月31日に株主総会で解散を決議していた。

(株)観水荘は、1976年(昭和51年)7月に旧・観水荘の経営を買収して創業し、89年(平成元年)8月に法人改組。温泉旅館「肥前湯の庄 観水荘」の経営を手がけ、90年には大規模改修を実施したが、宿泊客の低迷で欠損計上が続き、2007年までに施設を閉館。その後不動産を売却し、2011年8月31日には株主総会で解散を決議していた。

いずれも金融債務だけが残り、負債は、(株)静山が約26億9000万円、(株)観水荘が約5億円、2社合計で約31億9000万円が見込まれる。

なお、ホテル龍登園は(株)新大和観光(佐賀市)が経営を引き継いでおり、現在も営業を続けている。


「出典:帝国データバンク」