ゴイチ株式会社


10月25日に事業を停止していたゴイチ(株)(資本金4000万円、大阪市東成区東小橋1-10-7、代表池栄三氏ほか1名、従業員22名)は、同月28日に大阪地裁へ自己破産を申請した。

申請代理人は桑山斉弁護士(大阪市中央区南船場4-3-11 大阪豊田ビル、弁護士法人御堂筋法律事務所、電話06-6251-7266)ほか。

当社は、1968年(昭和43年)11月に五一商事(株)の商号で設立、86年1月現商号に変更した。自転車(47%)、プラスチック用品(26%)、スポーツ・レジャー用品(17%)、プラスチック原料(10%)の卸売業者で、もともとはギフト関係のプラスチック製品が中心であったが、徐々にスポーツ・レジャー用品へと取扱品を拡大、2000年3月期からスポーツ・レジャー用品の販売が中核となった。主力の自転車については、海外有名ブランド「Tonino Lamborghini」(トニーノ ランボルギーニ)、「HUMMER」(ハマー)、「CHEVOLET」(シボレー)のライセンス商品で台湾・韓国のメーカーに外注。2006年3月期には、自転車などスポーツ・レジャー用品の販売が好調で年売上高約38億2600万円を計上していた。

しかし、以降は、自転車関係は好調に推移したものの、その他商材の販売が落ち込み、2011年3月期の年売上高は約30億1900万円にまでダウン。物流センター開設資金等で多額の借入金を抱えていたこともあり、多忙な資金繰りを余儀なくされるなか、ここ数年は円高によるデリバティブ損失も発生していた。

申請時の負債は約37億8400万円。

なお、グループ会社の五一プラ工業(株)は引き続き、自己破産の申請準備中。


「出典:帝国データバンク」