協栄観光株式会社


協栄観光(株)(資本金5480万円、糸魚川市大野1161、代表木島允氏)は、11月10日付けで事後処理を田中利生弁護士(東京都渋谷区恵比寿南1-1-12、電話03-5725-3825)ほかに一任、早ければ11月15日にも自己破産を申し立てる予定。

当社は、1989年(平成元年)4月にホテル経営を目的に設立。グループ企業の敷地内で温泉が採掘され、この有効利用のため設立された経緯がある。91年12月に温泉リゾートホテル「ホテル糸魚川」(71室)をオープン。糸魚川市では初の温泉とプールを備えたリゾートホテルとして知られていた。

しかし、開業して間もなくバブル経済が崩壊、以降の景気の低迷によって当初の売上計画を達成することができず長年不採算が続き、98年3月には金融機関からの借入金について代位弁済をしてもらう一方、99年から大手ホテル経営業者から支援を受け再建に取り組んできた。

経費の抑制などに注力し、2010年3月期の年収入高は約5億1800万円を計上していたが、その後も借入金の返済負担は重く大幅な債務超過が続いていた。多忙な運営を余儀なくされるなか、今年1月にはホテル建物が競売となり、7月15日には営業を終了していた。

負債は2011年3月期末で約56億3100万円。


「出典:帝国データバンク」