株式会社HOTTA


(株)HOTTA(資本金4000万円、宇治市槇島町二十四34、登記面=宇治市槇島町目川167-7、代表堀田芳史氏ほか1名、従業員159名)は、9月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日財産の保全処分を受けた。

申請代理人は鈴木学弁護士(東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル、西村あさひ法律事務所、電話03-5562-8500)。なお、監督委員には三山裕三弁護士(東京都千代田区六番町13-12、三山総合法律事務所、電話03-3234-2750)が選任されている。

当社は、1974年(昭和49年)2月に(有)堀田運送として設立。83年5月に株式会社に組織変更し、93年3月に現商号に変更した総合物流会社で、ハウスメーカーや建材・資材・住宅設備機器メーカーなどから住宅建築に関連する資材の受発注、流通加工、取付施工、購買代理、現場納材、物流管理まで手がける「マルチベンダーサービス」をはじめ、物流に関する荷受け・検品・保管、在庫・品質管理、ピッキング・流通加工など物流のアウトソーシングを請け負うほか、2009年3月期からは鮮魚や生花の輸送も手がけていた。全国に10営業所ほかショールームや物流拠点を開設して業容を拡大、9社でグループを構成し、収入高規模では地元業界で上位クラスにあった。

2008年3月期は年収入高約49億2300万円を計上していたが、その後はリーマンショックにともなう住宅投資の冷え込みで受注が伸び悩み、2011年3月期には年収入高約38億2900万円にとどまっていた。

さらに、近年は積極的な設備投資や新規事業への参入、企業買収にともないグループとして過大な金融債務を抱えて多忙な資金繰りを余儀なくされるなか、先行きの見通し難から自主再建を断念した。

申請時の負債は約33億9100万円。

なお、関連会社で道路維持管理業務を行う(株)DAISEI(資本金5000万円、兵庫県神戸市中央区栄町通2-4-14日栄ビル4階、代表原康仁氏、従業員76名)と、運送業の黒崎京築運送(株)(資本金2500万円、福岡県北九州市八幡西区八枝2-2-18、代表中村武司氏、従業員57名)も同措置となった。

また、(株)HOTTAは10月3日午前10時から、メルパルク京都(京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676-13)で債権者説明会を開催する。


「出典:帝国データバンク」