株式会社吉野


(株)吉野(資本金3億9200万円、宮古島市城辺保良940-1、代表岩崎拓氏、従業員28名)は、7月4日に那覇地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。

申請代理人は植松泰子弁護士(東京都港区虎ノ門1-13-3、電話03-3580-0123)ほか。監督委員には阿波連光弁護士(那覇市前島2-9-13、電話098-941-0660)が選任された。

当社は、1993年(平成5年)8月に、地元の建設会社が主体となって設立されたゴルフ場。96年12月に18ホールのゴルフ場「オ-シャンリンクス宮古島」をオープンし、ピーク時の年売上高は約8億円を計上していた。

しかし、その後は景気後退によりプレー客が減少し売り上げが低迷。初期設備投資が負担となり、大幅な債務超過となって苦しい運営が続いていた。このため、2007年3月に株式が売却され、2010年10月にはゴルフ場運営コンサルテイング会社に運営を委託していたが、今年中には預託金1億8400万円の償還を迎えることもあり、今回の措置となった。

負債は約56億9000万円。


「出典:帝国データバンク」