株式会社パルアクティブ


(株)パルアクティブ(資本金9600万円、新宿区大京町20-3、代表齊藤幹夫氏)は、5月24日に東京地裁より再生手続き廃止決定を受けていたことが判明した。

保全管理人は富永浩明弁護士(中央区銀座7-12-14、電話03-3544-0381)。

当社は、1971年(昭和46年)6月創業、89年(平成元年)11月に法人改組。リゾートクラブの運営、ホテル・コンドミニアムなどレジャー施設の運営、会員権の販売を手がけていた。会員制のリゾートクラブ運営では、主力の「四季の旅」シリーズ、「アクティブトレンドゴールド」、「ユニバーシティ倶楽部」などの販売が好調で、一般個人や有力法人の入会も増加。積極的な広告宣伝活動で知名度と実績をあげ、国内・海外のリゾートホテル、マンション、ゴルフ場と提携し、2008年2月時点で約1万人以上の会員数を有していた。

しかしこの間、施設買収にともなう借入金や過大な広告宣伝費などが負担となり、2006年1月期は約10億9800万円の当期純損失を計上し、大幅な債務超過に転落していた。厳しい資金繰りを強いられるなか、金融機関からの資金調達も困難となり、2008年5月12日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請。2009年2月25日には再生計画の認可を受けていたものの、再生計画が遂行される見込みがないことから、今回の措置となった。

負債は民事再生法の申請時点で、会員に対する預託金約19億3000万円を含め約45億円。


「出典:帝国データバンク」