有限会社ユタカ商会


(有)ユタカ商会(資本金300万円、南牟婁郡紀宝町井内290-15、登記面=和歌山県新宮市大橋通3-1-1、代表栗原勇高氏、従業員60名)は、6月28日付で須藤隆二弁護士(大阪市北区西天満4-11-22、電話06-6312-1610)に事後処理を一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1996年(平成8年)9月創業、2005年(平成17年)8月に法人改組された。シラスやちりめん、シラスはんぺん、サンマ丸干しなどの水産食料品の製造業者で、三重県内でトップクラスの業容を誇り、2008年7月期には年売上高約27億9000万円を計上していた。その後、廻鮮にぎりや「海宝」、郷土料理店「熊野路」などの店舗名で、東京や大阪、和歌山などに飲食店を約20店舗展開するなど飲食事業にも進出し、2010年7月期の年売上高は約52億4200万円まで伸ばしていた。

しかし、積極的な店舗展開などに伴う借入負担が増大し、資金繰りは悪化していた。2010年秋には、主力得意先の商社が水産事業から撤退したことにより、同社から水産物の取引に際して実質的な金融支援を受けていたため、資金繰りが一段とひっ迫。飲食店部門の強化を図ることなどで業容の維持を図ったが奏功せず、2011年5月には当社が有する売掛債権に対して大口債権者が仮差押え手続きを行ったことで信用不安が拡大。先行きの見通しが立たず、今回の事態となった。

負債は債権者約200名に対して約60億円だが、今後変動する可能性がある。


「出典:帝国データバンク」