特定目的会社芦屋シニアレジデンス


特定目的会社芦屋シニアレジデンス(特定資本金1億円、優先資本金30億円、名古屋市中区錦2-2-13、代表木村優氏)は、債権者から破産を申し立てられていたが、5月30日に神戸地裁尼崎支部より破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は浜田卓二郎弁護士(東京都千代田区紀尾井町4-1、電話03-5276-5511)ほか1名。

破産管財人は小松 陽一郎弁護士(大阪府大阪市北区中之島2-2-2、電話06-6221-3355)が選任されている。

当社は、2008年(平成20年)8月に設立された不動産所有の特定目的会社。不動産会社の(株)ゼクス(2010年6月東証一部上場廃止)が建設した介護つき有料老人ホーム「チャーミング・スクウェア芦屋」(地上25階建、総数578戸)の入居率が低いため、同社のリストラを目的として、同物件の売却先として設立された。

しかし、当社に対して30億円を優先出資していた大手ドラッグストアが同物件をデュー・デリジェンスしたところ、それだけの価値が無かったとして、(株)ゼクス等に対して出資分の返還などを求め2009年6月に東京地裁へ提訴していた。また、固定資産税や不動産取得税を滞納していたとして、2009年9月には芦屋市と兵庫県が同物件を差し押さえる事態となっていた。

負債は約99億4400万円。

なお、「チャーミング・スクウェア芦屋」は、新しいスポンサーにより、今後も運営される。


「出典:帝国データバンク」