株式会社SKK<旧商号・佐藤建設工業株式会社 >


(株)SKK(資本金4億6474万円、二戸市金田一八ッ長88-5、登記面=東京都港区新橋2-9-16、代表清算人松村正哲氏)は、3月30日に東京地裁へ特別清算を申請した。

当社は、1938年(昭和13年)創業、73年(昭和48年)6月に佐藤建設工業(株)として法人改組。土木建築工事を中心に官公庁や民間工事などの受注を得て業容を拡大、最盛時の98年5月期には約124億円9300万円の年売上高をあげていた。しかし、積極的な事業多角化や営業所網の拡大策に伴う投資負担などから収益低迷を余儀なくされ、土木部門の人員削減などを実施していた。

さらに、2005年には東京都内の不動産管理業者と業務提携、その後同社の出資を得て実質傘下に入り、2008年に本店を都内に移転、2009年には再び本店を岩手県二戸市内に戻していた。この間も不動産市況の低迷を受けて受注が伸びず、業績も一段と落ち込み、赤字が拡大。その都度、債務超過回避のため増資など金融支援を得てきたが、2010年5月期の年売上高は約10億1900万円、経常損失約1億5500万円となり、6期連続で赤字となっていた。また、当社は岩手県内の建設会社が独禁法違反で公正取引委員会から排除勧告を受けた件で、指名停止と課徴金納付命令を受けてきた。

今後の事業展開に際して赤字がともなうことなどから今年2月28日に解散を決議するとともに現商号へ変更し、3月1日には本店を岩手県二戸市から現所に移転していた。

負債総額は約37億5000万円。


「出典:帝国データバンク」