エフ・アイ株式会社


エフ・アイ(株)(資本金5000万円、福島市太平寺沖高55、代表金子與志邦氏)は、3月23日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

破産管財人は鈴木銀治郎弁護士(東京都千代田区霞が関3-2-5 霞ヶ関ビル4階、隼あすか法律事務所、電話03-3595-7070)。

当社は、1946年(昭和21年)9月に大手自動車メーカーの販売修理を目的に設立された。福島県内に会津、郡山、いわき、白河、県央(須賀川)、相双の7店舗を展開、トラック・バスの福島県販売業者として県内に2000社内外の顧客を有し、業界上位規模に位置づけられるまでに成長してきた。積極的な営業展開によって、95年10月期の年売上高は約105億4700円を計上していた。

しかし、その後営業環境が悪化し得意先からの受注減によって、2010年3月期(96年から決算期変更)の年売上高は約68億円まで大きく落ち込み、約13億7600万円の大幅欠損によって債務超過に陥っていた。その後2010年12月1日に事業を停止、別会社に自動車販売などの事業および従業員約220人の雇用を引き継ぎ、整理をすすめていた。

負債は2010年3月期決算時点で約70億円と見込まれるが変動している可能性がある。


「出典:帝国データバンク」