株式会社アーム電子


元ジャスダック上場の(株)アーム電子(資本金10億6647万円、八王子市叶谷町1055、代表佐藤雅美氏)は、3月15日に破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

破産管財人は渡辺昭典弁護士(港区虎ノ門4-3-1、電話03-5408-6160)。債権届け出期間は4月19日までで、財産状況報告集会期日は5月30日午後1時30分。

当社は、1980年(昭和55年)6月に設立されたプリント基板製造業者。家電メーカー発注の試作用基板の設計・製造に特化して2004年4月にはジャスダックへ上場を果たし、2008年5月期にはピークとなる年売上高約41億4000万円を計上していた。

しかし、2008年後半以降の急激な半導体市況の低迷を背景に、2009年5月期の年売上高は29億2900万円に減少。2010年2月には連結子会社における不正経理が判明し、過年度連結決算の修正を行ったものの、更なる売り上げの落ち込みを招き、2010年8月23日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、9月24日に上場廃止となっていた。

その後、11月19日付けで支援者を選定し、業務・金融支援契約を締結。2011年1月26日には債権者集会が開催され再生計画案に対して頭数要件では過半数の同意を得られたものの、金額要件では2分の1の議決権額の同意を得られず、再度決議を行うことを検討していた。しかし、担保不動産の評価に対する乖離は大きく、今後の不動産担保者との協議継続も困難が予想されたことから再建を断念し、2月15日に東京地裁より再生手続きの廃止決定を受けていた。

民事再生法の適用申請時の負債は約61億9920万円。


「出典:帝国データバンク」