株式会社森脇工務店


(株)森脇工務店(資本金2000万円、守口市竜田通1-4-11、代表清算人森脇泰光氏)と森脇住宅(株)(資本金1000万円、同所、同代表清算人)の2社は、9月30日に大阪地裁へ自己破産を申請し、11月12日に破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は藤原誠弁護士(大阪市中央区備後町3-2-8、電話06-6261-3224)ほか。破産管財人には堀井昭暢弁護士(大阪市西区靭本町1-6-10、電話06-6446-1123)が選任されている。

(株)森脇工務店は、1970年(昭和45年)4月創業、75年(昭和50年)5月に法人改組した。京阪沿線や奈良、滋賀方面を主体に戸建て住宅の販売を手がけ、一部宅地販売も行っていた。創業以来、長年の業歴から一定の知名度を有し、97年4月期には年売上高約18億7300万円を計上していた。

しかし、その後は個人消費の低迷や販売単価の低下から売り上げは大幅に減少し、収益面が悪化。販売用不動産の取得資金を金融機関からの借り入れで賄っていたことから財務面は債務超過の状態が続いていた。このため、販売不動産の売却による有利子負債の圧縮に努めていたが、先行きの見通しが立たないことから、2005年11月30日の株主総会で解散を決議していた。

関連会社の森脇住宅(株)は、1975年(昭和50年)5月に設立。滋賀県下で不動産販売を手がけ、過去にはゴルフ場を運営するなど、99年2月期には年売上高約10億円を計上していた。しかし、不動産取得による有利子負債の増加により債務超過に転落し、森脇工務店と同様に2005年11月30日の株主総会で解散を決議していた。

負債は、(株)森脇工務店が約74億円、森脇住宅(株)が約10億円で、2社合計で約84億円。


「出典:帝国データバンク」