株式会社ARMOR HOLDINGS


(株)ARMOR HOLDINGS(資本金9900万円、港区赤坂4-9-25、代表岩本陽二氏)は、8月13日に(株)ローソンエンターメディア(以下LEM)より東京地裁へ破産を申し立てられ、9月8日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は、中根茂夫弁護士(中央区日本橋2-3-21、電話03-3275-1166)。債権届け出期間は、10月13日までで、財産状況報告集会期日は12月7日午後4時。

当社は、2007年(平成19年)10月の設立。純粋持株会社として子会社十数社の経営管理全般を行い、食品事業を中心に、美容事業、アパレル事業、医療事業、投資事業、F1関連事業、人材派遣事業など、子会社の事業は多岐に渡っていた。

しかし、今年2月9日にLEMが郵政・広告関連事業を行う当社子会社の(株)プレジールの取締役による不正行為を公表。LEMから支払われたコンサート等のチケット代金を(株)プレジールが流用していたことが判明し、この不正流用の結果発生した(株)プレジールに対する債権を確実かつ公正に回収すべく、LEMは3月16日に東京地裁へ(株)プレジールの破産を申し立て、(株)プレジールは6月30日に破産手続き開始決定を受けていた。

当社も、営業環境が急速に悪化するなか、8月13日にLEMより東京地裁に破産を申し立てられていた。

負債は、LEMが当社に対して有する損害賠償債権など少なくとも約140億円が見込まれる。

なお、グループ会社で食肉卸業者の(株)MOTON(資本金3000万円、同所、代表滝澤明氏)も、8月13日にLEMより東京地裁へ破産を申し立てられ、9月8日に破産手続き開始決定を受けた。


「出典:帝国データバンク」