和田金属工業株式会社


7月1日に事業を停止していた和田金属工業(株)(資本金1000万円、多可郡多可町八千代区下野間33―169、代表青木良治氏)は、同月20日に神戸地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は吉村弦弁護士(神戸市中央区播磨町49神戸旧居留地平和ビル2階、弁護士法人あさひ法律事務所、電話078-326-5678)。債権届け出期間は8月24日までで、財産状況報告集会期日は11月4日午後2時。

当社は、1993年(平成5年)7月に親新サービス(株)として設立したが、すぐに休眠。2005年に、多額の負債を抱え段階的に関係会社売却やリストラなどの再編を続けていた旧・和田金属工業(株)(大阪府豊中市)が、同社と(株)ワコー(多可郡)から会社分割する形で、両社の優良資産と営業基盤を譲渡され、現商号へ変更、再開したものである。大手メーカーからの受注により金融機器(ATM・CD・両替機等)やたばこ自動販売機向けほか各種のキャビネットの製造を行い、2007年6月期には年売上高約20億8600万円を計上していた。

しかし、以降はたばこ自動販売機の成人認証方式の特需がなくなったうえ、景気低迷下にあって金融機器の受注も落ち込んだために2009年6月期の年売上高は約6億9300万円にまで減少。大幅な欠損を計上し債務超過に陥っていた。メーンバンクからの支援体制のもとで新規顧客を開拓するなど業況回復に努めたが、さらなる環境悪化から事業継続を断念し、今回の措置となった。

負債は約39億円。


「出典:帝国データバンク」