大内田建設株式会社


大内田建設(株)(資本金2000万円、北九州市小倉北区中津口1-2-1、代表大内田薫氏ほか1名、従業員35名)は6月29日に事業を停止し、事後処理を阿部哲茂弁護士(北九州市小倉北区大手町11-3 大手町アイビースクエア2階、大手町法律事務所、電話093-571-3559)に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は1967年(昭和42年)6月に個人創業、82年(昭和57年)7月に法人改組した一般土木建築工事会社。本店のほか福岡市に営業所を持ち、大手ゼネコンの下請け工事、地場デベロッパーからの元請けなどマンション工事を中心とした比較的大型物件の建築工事、附帯する土木工事などを手がけていた。地場のマンション需要の高まりを背景に、2008年7月期には過去最高の年売上高約108億3400万円を計上、北九州地区では大手のゼネコンに成長した。

しかし、その後はリーマン・ショックの影響によるマンション業界の不振から受注が減少して、2009年7月期には年売上高は約56億5500万円に落ち込んでいた。2010年5月には、虚偽の決算書を福岡県に提出したとして建設業法違反の疑いで代表と取締役が福岡県警から逮捕される事態が発生。さらには6月25日には建設業許可を取り消されたこともあって、事業継続を断念、今回の事態となった。

負債は約40億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」