株式会社ヨコタ


(株)ヨコタ(資本金2億円、台東区上野5-7-2、代表若井政明氏)は、3月31日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は三山裕三弁護士(千代田区六番町13-12、電話03-3234-2750)。債権届け出期間は5月6日までで、財産状況報告集会期日は7月27日午前10時。

当社は、1932年(昭和7年)4月創業、56年(昭和31年)12月に法人改組したインテリア製品製造、販売業者。カーテンレールを中心にブラインドやロールスクリーン、クローゼットドア、アコーディオンカーテンなどを扱い、埼玉、滋賀、新潟、静岡、宮城などに工場を建設するほか、全国の主要都市に物流センターや営業所を設置。卸業者やサッシメーカー、ホテルなどを得意先とするほか海外向け販売も行い事業を拡大、97年7月期には年売上高約91億4400万円をあげていた。

しかし、近年は改正建築基準法の影響や素材価格の高騰などに伴う値下げ要請などを受け業績が低迷。新製品の発売や既存品のリニューアルなどによるシェアの確保や大手ブラインドメーカーとの業務提携(2009年5月)などで競争力の向上に着手したが、2009年7月期の年売上高は約52億6700万円にとどまり、拠点の統廃合に伴う費用の発生や資産売却損などから約3億8500万円の最終赤字を計上。こうしたなか、ここに来て支え切れず今年3月30日に自己破産を申請していた

負債は約40億円。


「出典:帝国データバンク」