蓼科観光開発株式会社


蓼科観光開発(株)(資本金8500万円、北佐久郡立科町芦田2530-1、代表鷹野三忠氏ほか1名)は、債権者から破産を申し立てられていたが、2月23日に長野地裁佐久支部より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は森泉邦夫弁護士(佐久市岩村田5037-6、電話0267-68-4535)。

当社は、1963年(昭和38年)1月に白樺高原の観光開発を目的に設立。別荘地として名高い立科町、茅野市において分譲地販売を行うほか、別荘、寮などの設計・建設請負、同保守・管理業務も展開していた。92年4月には約100億円を投じて会員制ホテル「蓼科国際ホテル村ユーセブン」をオープン。翌93年7月には「蓼科アミューズメント水族館」、95年7月には「蓼科テディベア美術館」、96年8月には「蓼科世界工芸館」をオープンするなど業容を多角化し、リゾート施設及び観光地の開発を積極的に展開。93年3月期には年収入高約26億6900万円をあげていた。

しかし、利用者の低迷などから2002年には「蓼科国際ホテル村ユーセブン」を閉鎖、アミューズメント施設の利用者・入場者数もレジャーの多様化などを背景に収入は減少し、2009年3月期の年収入高は約3億7000万円にダウン。「蓼科国際ホテル村ユーセブン」建設等に伴う多額の借入金負担が財務を圧迫するなか、施設の売却等を模索するが好転せず、債務超過に陥っていた。

負債は2009年3月期末時点で約111億2200万円。

なお、各運営施設は2月24日をもって事業を停止している。


「出典:帝国データバンク」