カトキチ高松開発株式会社


カトキチ高松開発(株)(資本金10億円、高松市牟礼町大町2508、代表山本章太郎氏、従業員64名)は、2月23日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は西村國彦弁護士(東京都千代田区内幸町1-1-7、電話03-5511-4400)ほか6名。保全管理人には進士肇弁護士(東京都港区虎ノ門1-6-12、電話03-3580-8551)が選任されている。

当社は、1972年(昭和47年)1月に設立されたゴルフ場経営業者。75年11月に「屋島カントリークラブ」(香川県牟礼町、18H)をオープン。当初は地元計量機器メーカーのグループ会社としてスタートしたが、当社を含む同グループ企業が95年9月に高松地裁へ商法に基づく会社整理を申請、当社はその後和議へ移行し、97年4月には同地裁より和議認可決定を受けていた。また、和議認可を受けて、(株)加ト吉(現、テーブルマーク(株))のグループ会社が当社の株式を取得、同社のグループ会社となっていた。

志度湾や屋島を望む高台に位置する山岳コースで、眺めの良さに加え、2001年からは日本女子プロゴルフ「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」が開催されるようになるなど知名度が高まり、近隣道路の整備が進んだことや高松自動車道の開通によりアクセスが向上し、2001年3月期には年収入高約5億9800万円を計上していた。

しかし、グループの中核企業で、「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」の筆頭スポンサーであった(株)加ト吉による循環取引事件が2007年に発覚。この影響を受けて、2008年のツアー日程から同トーナメントが打ち切られていた。また、景気低迷による個人消費の冷え込みも相まって会員数も約4200名(2003年)から約2600名に減少、その結果、来場者数も減少し、2009年3月期の年収入高は約4億2200万円に落ち込んでいた。

こうしたなか、会員の預託金は償還期限を定めず、随時請求に基づき償還を実施。今年2月末には約180名の会員(預託金合計約2億円)からの償還請求に応じる予定であったが、その償還原資を確保できないうえ、借入金の返済にもメドが立たず、今回の措置となった。

負債は2009年3月期末時点で債権者約2670名に対し約72億2500万円(うち預託金約32億円)。


「出典:帝国データバンク」