浜田生コンクリート株式会社


浜田生コンクリート(株)(資本金9675万円、浜田市長沢町1540、清算人田中靜夫氏)は、2009年12月17日に松江地裁へ自己破産を申請し、12月24日に破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は中村寿夫弁護士(松江市東本町5-16-9山根ビル2階、中村法律事務所、電話0852-27-1613)。破産管財人は國弘正樹弁護士(松江市南田町62-6パラディーゾビル3階、弁護士法人山陰リーガルクリニック、電話0852-23-4300)。

当社は、1965年(昭和40年)11月に設立された生コン製造業者。本社工場のほか島根県内1カ所、広島県内2カ所の工場を持ち、浜田地区、江津地区で高いシェアを確保して、97年2月期には年売上高約36億2000万円を計上していた。

しかし、公共投資の減少が影響して売り上げが減少するとともに採算面も悪化していたところへ、当社が大口出資者であった第三セクター天狗石リゾート(株)(浜田市)が経営破綻し、同社に対する多額の不良債権が発生したことから自力再建を断念。2001年7月30日に松江地裁へ民事再生法の適用を申請し、2001年9月14日に再生手続き開始決定を受けた。

2002年11月にウベコン浜田(株)に事業を譲渡した後、2003年2月28日に株主総会の決議により解散、2009年7月3日に再生手続きが終結した。債権者への配当も計画どおり行われたが、処分できない土地が若干残り、固定資産税の原資の問題など早期決着の必要性に鑑み、今回の措置を取った。

負債は約46億1200万円。


「出典:帝国データバンク」