堂島鋼業株式会社


堂島鋼業(株)(資本金8500万円、大阪市西区新町2-14-15、代表浜本悦男氏、従業員31名)は、11月9日付で事実上の営業を停止した。

現在、事後処理を西浦克明弁護士(大阪市北区西天満5-9-3アールビル本館10階、安富共同法律事務所、電話06-6363-2801)ほかに一任しており、今後は任意整理を進めたい意向。

当社は、1946年(昭和21年)9月創業、51年(昭和26年)4月に法人改組。建築用H型鋼を主力(45%)に、各種型鋼、コラム、加工品、棒鋼、鋼板を扱う老舗の鋼材商社で、大阪府下を中心に関西・中国・四国地区の鋼材問屋や鉄骨工事業者などを得意先として、90年5月期には年売上高約219億9600万円を計上していた。

82年に中島鋼材センター(大阪市西淀川区、土地約1万5601平方メートル)を開設し、鋼材の切断・開先・穴あけなど得意先からの細かな要望に応じる体制を整えたこともあって業績を伸ばしてきた。しかし、近年は、同業他社との競合激化や建設向け需要の長期的縮少もあって業績の低下傾向が続き、2009年5月期の年売上高は約40億3600万円にまでダウン。設備投資に伴う借入金の増加や有価証券評価損などの計上もあって約7800万円の当期損失計上を余儀なくされた。

また、同期においてこれまで簿外処理してきた長短貸付金約4億5000万円を計上したが、その回収可能性のリスクなどから信用面が低下。加えて、得意先である建設業界の急激な業況悪化を受けて、昨年秋以降は実質赤字営業が続いていた。こうしたなか、今夏以降は金融機関に対するリスケ要請を行う一方、関係会社の合併などの再建計画を策定し生き残りを模索してきたが、ここへきての一層の市況悪化から先行き見通し難に陥り、事業継続を断念した。

負債は2009年5月期時点で約31億8300万円。


「出典:帝国データバンク」