株式会社武相販売


(株)武相販売(旧:カーポイント湘南)(資本金2億4000万円、藤沢市石川6-19-1、登記面=厚木市酒井3151、代表伊藤覚氏ほか1名)と、関係会社の(株)武相企画(旧:カーポイントホールディングス)(資本金4億1088万7500円、同所、代表岩城秀彦氏)、(株)武相商事(旧:カーポイントクリエイティブ)(資本金1億円、同所、登記面=厚木市酒井3162、代表岩城秀彦氏)は、12月11日に東京地裁へ自己破産を申請していたことが判明した。

申請代理人は高橋修平弁護士(東京都中央区銀座1-3-3、電話03-6903-3210)。

(株)武相販売は、1983年(昭和58年)10月創業、84年(昭和59年)3月に法人改組。(株)カーポイント湘南の商号で県内最大手の中古車販売業者として知名度は高く、全国約30店舗を展開するほか、店頭在庫を抑えたサテライト店約100店を展開していた。企業提携やネット販売などの多様な販売手法と独自の車両保証制度などで業容を拡大、2005年3月期には年売上高約250億4700万円をあげていた。

しかし、競合激化や個人消費の冷え込み、若年層の趣味の多様化などの影響で、2008年3月期の年売上高は約98億7000万円に落ち込んでいた。この間、不採算店の閉鎖や従業員削減などリストラに取り組んだが資金繰りは好転せず、同年10月には関係会社に事業を譲渡、09年1月には現商号に変更して自己破産の準備に入っていた。

(株)武相企画は、1999年(平成11年)11月に設立。株式上場を視野に入れた持ち株会社として設立され、各種手数料収入によって2004年3月期には年収入高約16億1000万円をあげていた。また、(株)武相商事は、2003年(平成15年)1月に設立。2005年3月期には年売上高約8億9800万円をあげていた。しかし、両社共に2008年10月には親会社同様、関係会社に事業を譲渡した。

負債は、(株)武相販売が約42億6800万円、(株)武相企画が約52億2400万円、(株)武相商事が約1500万円で、3社合計で約95億700万円。


「出典:帝国データバンク」