広島エアポートビレッジ開発株式会社


広島エアポートビレッジ開発(株)(資本金57億円、三原市本郷町善入寺64-31、代表亀頭睦訓氏ほか1名)は、9月4日に広島地裁尾道支部へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は中尾正士弁護士(広島市中区上八丁堀8-20、電話082-227-2411)。監督委員は井上正信弁護士(尾道市新浜1-14-31、電話0848-25-2633)。

当社は、1990年(平成2年)4月に設立された。広島県(持ち株比率43.0%)や三原市が出資する第三セクターで、93年の空港開港に合わせて周辺環境を整備する「新広島空港景観計画」に賛同した県下の金融機関、有力企業からの出資も受けて、92年にホテルを新築着工。93年9月に「広島エアポートホテル」、次いで97年4月には「フォレストヒルズゴルフ&リゾート」をオープンし、2007年3月期には年収入高約15億9500万円を計上していた。

しかし、ホテル事業の総投資額が約40億円、ゴルフ事業では同65億円と多額の先行投資を行った結果、バブル崩壊後の利用客数減少と償却負担によって毎期欠損を計上。2000年1月の増資によって累積損失を一掃したものの、その後は再び50億円を超える累損を抱えて、財務体質が悪化していた。

近年は売上高の7割を占めるホテル事業で婚礼需要を開拓、また宿泊とゴルフのパック商品拡販にも注力するなど立て直しに努めていたが、預託金27億8400万円のうち今期中に償還期限を迎える24億6000万円の一部について、会員より返還請求を受けていたが、資金調達のメドがつかず、今回の措置となった。

負債は約52億円。


「出典:帝国データバンク」