株式会社カネウン


(株)カネウン(資本金2500万円、門真市ひえ島※640-1、代表松本重美氏、従業員25名)は、7月31日付で事業を停止し、事後処理を芝原明夫弁護士(大阪市北区西天満4-6-18 ACCESSビル2階、電話06-6361-3208)ほか1名に一任し、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1966年(昭和41年)4月に(株)カネウンニットの商号で大阪市都島区に設立。その後、2002年1月に現商号へ変更、数度の移転を経て、2006年3月より現所に本店を移転したもの。設立当初は婦人セーターの専門卸業者であったが、92年より食肉・食品卸業に参入。鶏、豚、牛肉などの食肉(70%)を中心に手がけ、焼き鳥、から揚げなどの冷凍加工品(20%)も取り扱っていた。積極的な営業展開で食肉専門店や飲食店など300社の顧客基盤を築き、98年にはラーメン店など外食産業に進出し、その後も食品スーパーや精肉店などを回転するなど事業を拡大。既存顧客からの受注が増加した2009年1月期には年売上高約80億7700万円を計上していた。

しかし、急伸する受注に対して、度重なる店舗の開閉店費用や金融機関からの借入負担は重く同期は大幅な赤字を計上、在庫負担は重く財務面は安定感を欠く状態が続いていた。さらに2010年1月期に入り、一部事業を関係会社へ譲渡したことにより売り上げは大幅にダウン、苦しい資金繰りを余儀なくされていた。このため、金融機関への支援要請やスポンサーによる経営の安定化を模索したが奏功せず、ここに来て先行きの見通しがたたないことから事業継続を断念した。

また、関係会社の(株)マツシン(資本金1000万円、同所、同代表)と(株)トライジャパン(資本金300万円、同所、代表中野雅文氏)とも同日事業を停止し、自己破産申請の準備に入っている。

負債は(株)カネウンが約29億円で、3社合計約30億円が見込まれる。

※「ひえ」は草かんむりに稗


「出典:帝国データバンク」