モナミ商事株式会社


モナミ商事(株)(資本金2000万円、名古屋市中川区松葉町2-16、代表清算人高原昌樹氏)は、4月15日に名古屋地裁より特別清算開始決定を受けた。

当社は、1967年(昭和42年)4月に設立された当地区では中堅のパチンコ店経営業者。愛知県内で「モナミ」の店名のパチンコ店を展開するほか賃貸ビルの経営も行い、95年9月期は年収入高約183億円を計上していた。

その後は、長引く景気低迷による消費の冷え込みや大手同業者などとの競合激化もあって集客は伸び悩み、5店舗(一宮市、春日井店、高蔵寺店、瀬戸店、西春店)の運営となり、2007年5月期(2004年に決算期変更)の年収入高は約143億300万円にとどまっていた。

さらに、店舗出店や改装などの設備投資負担もあって借入依存度が高くなっていたことから資金繰りは急速に悪化、取引先金融機関に対してリスケ要請をしたものの不調に終わっていた。

2008年に入ってから各店舗を会社分割によって事業譲渡を進め、同年9月30日に株主総会の決議により解散していた。

負債は約45億円。


「出典:帝国データバンク」