小杉産業株式会社


『ゴールデンベア』ブランドで知られる、東証2部上場の小杉産業(株)(資本金64億3642万7919円、中央区築地6-19-20、代表河野光輝氏、従業員254名)は、2月16日に東京地裁へ自己破産を申請、同日、破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は宮川勝之弁護士(千代田区丸の内3-3-1、電話03-3213-1081)ほか3名。破産管財人は永沢徹弁護士(中央区日本橋3-3-4、電話03-3273-1800)。

当社は、1883年(明治16年)3月創業、1943年(昭和18年)3月に法人改組したアパレル販売会社。メンズ『ゴールデンベア』、レディース『マリサ・クリスティーナ』を中核ブランドにカジュアルウェア、スポーツウェアを主体としたアイテムを展開、86年1月期には年売上高約814億円を計上していた。その後はバブル経済崩壊後の個人消費の低迷などから2002年1月期以降赤字が続き、2005年1月期より再建計画を実施していたものの業績回復につながらず、同期の年売上高は約243億3000万円にとどまり、約79億3900万円の経常損失を計上。同年3月にはジェイ・ブリッジ(株)(東証2部)をメインスポンサーとした新再生3ヵ年計画を策定し再建に乗り出していた。

その後、2007年4月にはジェイ・ブリッジ(株)が所有する株式をレゾンキャピタルパートナーズ(株)系のレゾン投資事業有限責任組合が取得。以降は、仕入先の集約によるコスト圧縮などを図るほか「中期経営計画」を策定、黒字化を目指し立て直しに努めていた。

しかし2008年1月期は年売上高約176億5200万円にとどまり、経常損失は約26億300万円、最終損失は約55億7300万円となっていた。本業面での赤字が続くなか、昨秋以降は金融環境も厳しさを増し資金繰りは多忙化。支援スポンサーを見つけるべく努めてきたが結実せず、今回の措置となった。

今年に入って上場企業の倒産は、ニチモ(株)(東証2部、負債757億円、東京)に続いて8社目となった。

負債は約97億9300万円。


「出典:帝国データバンク」