株式会社タイガー観光


(株)タイガー観光(資本金1000万円、国頭郡恩納村冨着1636、代表梶原文生氏、従業員3人)は、2月19日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は、吉岡桂輔弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-10 第2ローレルビル8階、吉岡・辻総合法律事務所、電話03-3519-4100)。財産状況報告集会は5月25日午後16時。

当社は、2005年(平成17年)7月、リゾート開発を目的に設立。

国頭郡恩納村周辺のリゾート開発を予定していたが、瀬底島で大型リゾート開発を手掛けていた親会社の(株)都市デザインシステムが2008年8月、民事再生法の適用を申請したのを受け、同社も同日民事再生法の適用を申請していた。スポンサーなしによる自主再生案をまとめたが、それで会社を継続すると債権者への配分金が減るとの関係者の判断から、今回の事態となった。

負債は約60億2400万円。


「出典:帝国データバンク」