株式会社カイザー


(株)カイザー(資本金1000万円、揖斐郡池田町八幡2504、代表松浦功泰氏)は、2008年12月16日に岐阜地裁へ自己破産を申請し、同月18日に破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。事件番号は平成20年(フ)第203号。

申請代理人は平野徹弁護士(名古屋市中区丸の内3-17-6、電話052-971-4123)。
破産管財人は足立洋弁護士(岐阜市今小町3、電話058-266-8181)。債権届け出期間は1月23日までで、財産状況報告集会期日は3月11日午前10時。

当社は、パチンコ店を経営する(株)松三(大垣市)から分割により、2006年(平成18年)11月に設立されたパチンコ店経営業者。親会社の(株)松三が経営不振に陥り、不採算店舗の閉鎖や会社分割による店舗譲渡などで再建を進めるなか、分割されたもので、揖斐郡池田町のカイザー池田店を経営し、年収入高は約3億円を計上していた。

しかし、2008年10月に(株)松三および関連会社2社が倒産(破産)したため、連鎖して今回の事態となった。

負債は関連会社への保証債務を中心に約62億円。


「出典:帝国データバンク」