ヒタチエクスプレス株式会社


ヒタチエクスプレス(株)(資本金1000万円、小牧市下小針中島3-234-1、代表前川克志氏、従業員262名)は、11月1日に事業を停止した。現在、事後処理を佐藤昌巳弁護士(名古屋市中区丸の内3-14-32、電話052-218-3721)ほかに一任し、自己破産申請の準備中。

当社は、1998年(平成10年)5月に設立された貨物運送業者で、雑貨、自動車部品、衣料品、飲料水などの運送を主体に、一部貨物の梱包作業なども行い、大阪府、岐阜県、滋賀県、福岡県などにも拠点を開設し、大手業者の下請け受注を中心とした営業で、2008年3月期は年収入高約46億8600万円を計上していた。

しかし、業績は伸びていたものの、積極的な事業展開に伴う増車で車両の償却負担は重く、2006年の本社新築や各地への拠点開設などの設備投資資金を借り入れで賄っていたため金利負担が膨らんでいた。また、近時は燃料価格の高騰などの影響もあって資金繰りは悪化、先行きの見通し難から今回の措置となった。

負債は約40億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」