株式会社ティ・アンド・ティホールディングス


(株)ティ・アンド・ティホールディングス(資本金1000万円、渋谷区恵比寿1-22-8、代表上野啓爾氏)は、9月17日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は阿部信一郎弁護士(千代田区永田町2-13-10、電話03-5157-2951)。債権届け出期間は10月22日までで、財産状況報告集会期日は12月15日午後4時。

当社は、2003年(平成15年)11月に(有)メムストレーディングの商号で、医療機器、情報機器用精密部品の開発を目的に設立。その後、商号変更や代表交代を経て、2004年9月から投資会社としてスタート。経営状況が悪化している特殊な技術を有している技術系製造業者への投資やM&Aにかかわる案件などへの投資業務を中心に、投資先ベンチャー企業の技術特許を資産家などに貸し出すコンサルティングも手がけ、2007年8月期には年収入高約10億円をあげていた。

しかし、投資に関する損失が発生し、2期連続で赤字決算を余儀なくされ債務超過に陥るなど厳しい運営を強いられていた。こうしたなか、当社に対し貸付債権を有している債権者から2008年7月9日に破産を申し立てられていた。

負債は約32億円。


「出典:帝国データバンク」