日創電機株式会社


日創電機(株)(資本金2500万円、甘楽郡甘楽町天引258-1、代表関山篤藏(トクゾウ)氏、従業員28名)は、7月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は阿部信一郎弁護士(東京都千代田区永田町2-13-10、電話03-5157-2700)ほか3名。

当社は、1978年(昭和53年)創業、88年(昭和63年)6月に法人改組したサーボモーター、サーボアンプの製造業者。当社製品は、主に各種工作機械、産業用ロボット、発電機などに利用され、特にサーボモーターの技術が認められ大手金属プレス機械メーカーや自動車関連企業などからの受注が増加した結果、2007年4月期の年売上高は過去最高となる約29億6000万円を計上していた。

しかし、2007年後半から得意先の大手製造業者が相次いで設備投資を先送りしたため受注は減少に転じていた。この間、得意先大手メーカーの技術水準に対応すべく2005年9月に第2工場を新設、また2006年4月には新たに工場用地を取得するなど積極的に設備投資を行った結果、借入金は年商をオーバーする水準に達していた。

受注が低迷するなかで多額の借入金が収支ひっ迫の要因となり、新たな資金調達が困難な状況下で支えきれずに今回の措置となった。今後はスポンサーの支援をうけて再建をはかる意向。

負債は約42億5000万円。


「出典:帝国データバンク」