株式会社多々良


(株)多々良(資本金1億1150万円、熊本市九品寺6-2-19、代表勢田孝徳氏、従業員72名)は、5月7日に事業を停止、事後処理を由井照二弁護士(熊本市黒髪3-12-4、電話096-343-0585)ほか2名に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1922年(大正11年)1月創業、54年(昭和29年)12月に法人改組した建築工事業者。当初は木造建築工事業を主体に手がけていたが、その後はマンションや医療機関、商業施設などの建築を行い業況を拡大、92年5月期には年売上高約102億5100万円を計上していた。

近年は、自社ブランド「優渾」マンションシリーズを展開、県内初の高層マンションを手がけるなど技術力を前面に打ち出して受注を獲得し、年売上高70~90億円内外を計上していた。2007年5月期は、熊本市中心部における投資用マンションの建築受注が奏功し、年売上高約101億7600万円を計上していたが、過去からの工事代金の未収金や金融機関からの借入依存度が高く資金繰りに余裕はなかった。

マンション工事のキャンセルなど来期以降の業況低下が予想されるなか、今年4月には取引先に対して10億円規模の第三者割当増資を要請したものの奏功せず、資金調達力も限界に達し今回の事態となった。

負債は2007年5月期末時点で約65億7100万円。


「出典:帝国データバンク」