株式会社古河アルフレックス


(株)古河アルフレックス(資本金 3億5200万円、川崎市川崎区南町1-1、代表清算人井手圭輔氏)、3月5日に横浜地裁川崎支部へ特別清算を申請、3月27日に特別清算開始決定を受けた。

申請代理人は山崎健弁護士(東京都千代田区内神田1-8-1 三井ビル5階、センチュリー法律事務所、電話03-5280-5033)。

当社は、1934年(昭和9年)9月創業、50年(昭和25年)2月に法人改組、2004年10月古河鋳造(株)から現商号に変更、古河グループの名門鋳造メーカーとして知られていた。

トラック関連を中心とする自動車、電気機器、産業機械、車両、船舶用等のダイカスト、金型、建材ほか特殊床板など自社開発製品も製造、2001年3月期は年売上高約112億3300万円をあげていた。

しかし、トラック業界からの受注不振などで、2006年3月期は年売上高約110億1100万円にとどまっていた。工場移転による操業低下や材料高騰で最終損益は約28億3400万円の赤字に転落、債務超過に陥っていた。当初は自力再建を模索したが財務内容が悪化していたため、金融機関と債権放棄を含めた再建策を検討、投資ファンドの下での再建を決め、投資ファンドに事業を譲渡、当社は2007年3月31日開催の株主総会で解散を決議していた。

負債は約30億1400万円。


「出典:帝国データバンク」