那珂川観光株式会社


那珂川観光(株)(資本金2000万円、中央区新川2-6-12、前代表清水マサ子氏)は、3月3日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤圭一弁護士(千代田区神田錦町2-5-1、電話03-5259-9350)。なお、現代表には申請代理人の笹原直和弁護士(渋谷区西原3-32-6、電話03-6903-4133)が便宜的に就任している。

当社は、1987年(昭和62年)10月に設立されたホテル運営業者。栃木県芳賀郡茂木町の温泉付リゾートホテル「ホテルグリーンヒル」、およびヘルスセンターの「茂木健康温泉」の運営を行い、グループ会社の(株)那珂川ゴルフ倶楽部(2005年6月民事再生法)が運営するゴルフ場に隣接する立地条件の良さもあって、グループとして一定の集客を得ていた。

しかし、バブル期に創業者から両社の株式を譲渡された前々代表のもと、経営状態は徐々に悪化。赤字経営が続き、那珂川ゴルフ倶楽部からの資金支援に全面的に依存する体質となっていた。那珂川ゴルフ倶楽部の民事再生申請後、2006年8月には前々代表が債権者から破産を申し立てられ、笹原直和弁護士が前々代表の破産管財人に就任。破産手続きを進める過程で当社の那珂川ゴルフ倶楽部に対する簿外債務約70億円の存在が明らかとなり、今回の措置となった。

負債は約77億円。


「出典:帝国データバンク」