株式会社井坂倉庫


(株)井坂倉庫(資本金1億円、日立市千石町1-7-6、代表井坂悦雄氏、従業員85名)および(株)千石石油(資本金1000万円、同所、同代表)、(株)大東(資本金1000万円、那珂市戸崎145-3、同代表)、(有)太平洋物流(資本金1000万円、ひたちなか市津田東2-12-1、同代表)のグループ4社は、2月4日に水戸地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。

申請代理人は福田博行弁護士(水戸市大町3-4-8、福田法律事務所、電話029-225-6166)ほか1名。

(株)井坂倉庫は、1935年(昭和10年)に運送業等を目的に創業、55年(昭和30年)12月に法人改組。運送部門は日立市、ひたちなか市を中心に倉庫などの拠点を構え、また91年には砕石業を加えて事業規模を拡大、95年12月期は年売上高約42億6700万円を計上していた。

しかし、その後建設業界の低迷が続き、民間設備投資、公共工事の削減により売り上げは減少の一途をたどり、同時に不良債権が多発し、資金繰りが悪化していた。また、この間の2002年8月に東名阪自動車道で当社の大型トレーラーが車列に突っ込み、5人が死亡する事故を起こし、大口の顧客を失くした。

その後も受注の回復は見られず、2007年12月期も年売上高約22億円にとどまり、25億円を超える借入金を抱え、さらに燃料費の高騰が資金繰りを圧迫してきた。こうしたなかで2月5日の決済が不可能となり、自力再建を断念、今回の措置となった。

負債は(株)井坂倉庫が約35億円、(株)千石石油が約4億3000万円、(株)大東が約4億円、(有)太平洋物流が約2億5000万円で、4社合計で約45億8000万円。

なお、債権者説明会は2月6日(水)茨城県民文化センターにて午後1時から開催予定。


「出典:帝国データバンク」