株式会社田中商会


(株)田中商会(資本金1億円、射水市新堀34-5、清算人加藤清和弁護士)は、富山地裁高岡支部に特別清算を申請し、2007年11月19日に特別清算開始決定を受けたことが判明した。

代理人は伴城宏弁護士(大阪市北区堂島浜1-1-5、梅田総合法律事務所、電話06-6348-5566)で清算人と事務所は同じ。

当社は、1978年(昭和53年)4月に創業、同年7月に(株)鍛栄舎として法人改組した自動車用アルミホイル製造業者である。定評ある技術力で乗用車からトラック、バス、レーシングカーなどの鍛造ワンピースホイルを主体に製造し、海外及び国内のブランドを有するホイルメーカーとしての知名度は高く、91年6月期の年売上高は約35億5000万円を計上していた。

しかし、先行する設備投資による借り入れ過多と大型設備投資直後のバブル崩壊に伴う売り上げの大幅な低迷が資金繰りの多忙化を招き、その後の長引く不況に伴う個人消費の低迷が追討ちをかけていた。

そのため、2006年7月27日に富山県中小企業再生支援協議会に「産業活力再生特別措置法」第29条に基づき再生計画策定を行い、2007年3月末で事業を停止し、新会社に事業譲渡、当社は同年5月に(株)田中商会に商号を変更し清算に向けた準備を進め、同年10月15日開催の株主総会で解散を決議していた。

負債は約43億円。


「出典:帝国データバンク」