株式会社トヨシステムプラント


(株)トヨシステムプラント(資本金5000万円、下関市秋根西町2-2-13、岡本孝之社長、従業員24名)は、2007年12月末に事業を停止し、事後処理を白石資朗弁護士(下関市上田中町1-13-23、電話0832-28-2650)に一任。自己破産申請の準備に入った。

当社は、1994年(平成6年)7月に、創業者の故・岡本豊之氏によって廃ガラス瓶の再資源化装置の製造設計・販売を目的として設立された。官公庁や全国の販売代理店に移動式のガラス瓶破砕装置「大砕神」の販売を手がけるほか、2001年からは軽・重量発泡浄化材(ガラス発泡材)「NEXTONE-α(ネクストワン-アルファ)」の販売にも注力するなどベンチャー企業として注目され、文部科学大臣創意工夫功労賞や山口県産業科学技術振興賞などを受賞していた。近年、売り上げは増収基調で推移、2006年12月期の年売上高はピークとなる約36億3400万円に達し、当期利益約1億1000万円を計上していた。

こうしたなか、当社グループを率いていた創業者の岡本豊之会長が昨年12月に死去、その後ガラス瓶破砕装置の納入先から買い取っていたカレット(ガラス瓶破砕片)の過剰在庫の存在など粉飾決算の可能性が指摘され、動向が注目されていた。

負債は約81億5000万円の見込み。


「出典:帝国データバンク」