株式会社アクセス


(株)アクセス(資本金9500万円、福岡市博多区千代6-1-60、代表梅村安宏氏、従業員71名)は、9月10日に債権者より福岡地裁へ破産手続きを申し立てられていたが、12月10日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は山本智子弁護士(福岡県福岡市中央区天神2-14-8、電話092-714-0707)。

当社は、1968年(昭和43年)11月に東和開発(株)の商号で設立、88年6月に現商号に変更した。パチンコホール「アクセス」、「ゼスト」の5店舗を運営するアクセスグループの中核企業として、福岡県内のほか大分県日田市に店舗を展開。ピーク時の1995年3月期の年収入高は360億円を超えていた。

しかし、同業者との競争などから減収基調に転じ、2006年3月期の年売上高は約199億5800万円にダウンしていたうえ、パチスロ5号機問題(みなし機を含む認定切れ機の撤去・入替問題)から先行きの見通しが立たず、今年5月末に決済難となるなど資金繰りの悪化が表面化、一部の店舗を閉鎖していた。

ところが、同月25日付けで(株)是空野間、(株)是空博多、(株)桜興産、(株)是空日田の4社に会社分割がなされていることが判明。これにより事実上大阪を拠点とする、パチンコホール経営グループに資産が移転したとして、従来金融支援を行っていた地元中堅同業者の関連会社が本店不動産に対して競売を申し立てたのち、債権者が第三者破産を申請した。

なお、店舗は12月10日をもって営業を停止する。

申請時の負債は約100億円。


「出典:帝国データバンク」