株式会社ハコセン


(株)ハコセン(資本金1億円、函館市千歳町9-11、代表辻憲一氏、従業員28名)は、11月14日に札幌地裁へ民事再生法の適用を申請、同日、再生手続き開始決定を受けた。

申請代理人は橋本昭夫弁護士(札幌市中央区北4条西20-1-28、電話011-631-2300)ほか4名。監督委員は太田三夫弁護士(札幌市中央区北大通西9、電話011-271-6195)。

当社は、1952年(昭和27年)9月設立の信販業者。クレジットカードによる割賦業務を主体に函館地区における加盟店組合員の販売促進を行うほか、各種ローンや貸付業務などの貸金業務などを行い、近年のピークとなる2006年3月期には年収入高約12億8900万円を計上していた。

しかし、90年代に入り大手ノンバンクの道内への進出などから競合激化が続き、2007年3月期はショッピング部門の落ち込みから年収入高は約11億7100万円までダウンしていた。この間、2006年2月に(株)函専クレジットを吸収合併するとともに事業者向け貸付に注力するなどしてきたが、ここへきて事業者向け貸付の不良債権が増加。同期末時点で約40億円の債務超過の状況に陥っていることが判明、今回の措置となった。

負債は約144億円。

なお、スポンサーとしてクレジットカード事業などを手がける(株)ほくせん(札幌市)が全面支援の意向を表明している。


「出典:帝国データバンク」